Kazuhiro Takagi Violinist

© Photo by Takeshi Yagi

CONCERT CALENDAR

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
いずみシンフォニエッタ大阪 第38回定期演奏会 「満喫!楽聖ベートーヴェン」 4:00 PM
いずみシンフォニエッタ大阪 第38回定期演奏会 「満喫!楽聖ベートーヴェン」 いずみホール
2月 11 @ 4:00 PM – 6:00 PM
●出演者 飯森範親(指揮) 若林 顕(ピアノ) いずみシンフォニエッタ大阪 ●演奏曲目 シュネーベル:ベートーヴェン・シンフォニー(1985) ベートーヴェン:大フーガ 変ロ長調 op.133 【弦楽合奏版・川島素晴編曲】 西村 朗:ベートーヴェンの8つの交響曲による小交響曲(2007) ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 op.73 《皇帝》 【いずみシンフォニエッタ大阪版・川島素晴編曲】 ●料金 一般=¥5,000 学生=¥1,000 ●発売日 フレンズ:2017年9月30日/一般:2017年10月7日 ●お問合わせ いずみホール チケットセンター 06-6944-1188 聴きどころ 「ベートーヴェンは凄いぞ‥‥」を斬新な切りくちでお届けするコンサート!凄腕揃いの室内オーケストラ、いずみシンフォニエッタ大阪の第38回定期演奏会は、かの巨匠の傑作たちを煮たり焼いたりさばいたり‥‥他ではちょっと聴けない料理で味わっていただきます。 まずは音楽監督・西村朗が当団のために書いた〈ベートーヴェンの8つの交響曲による小交響曲〉は、巨匠の交響曲たちを自由に引用してつなぎ合わせた短いシンフォニー。〈第九〉への序曲代わりに書かれたこともあって、お料理するのは第8番までとなりますが、ときには原曲のまま、あるいは化けて出たように登場したり‥‥思わず笑ってしまったところで、晩年の傑作〈大フーガ 変ロ長調〉のぶっ飛んだ天才ぶりをじっくりと。同じメロディが呼び交わしあい、豊かな重なりが音宇宙を広げるフーガの奇蹟‥‥堅いかたちを壊さないのに奔放な発展を魅せる強烈な個性は、当時の聴衆を面食らわせたそうですが、冴え抜いた着想はいまも斬新!当団プログラムアドヴァイザー・川島素晴が弦楽合奏用に編曲、厚みあるアンサンブルの迫力で味わい尽くします。 かたや、ドイツの作曲家シュネーベルが書いた〈ベートーヴェン・シンフォニー〉の破壊力!交響曲第5番(いわゆる《運命》)第1楽章を演奏しているのですが、フレーズの歌いかたから響きのつくりかたから楽器編成から音色から、徹底して原曲の真逆をとり続けてゆくと‥‥ベートーヴェンなのにベートーヴェンじゃない!いやベートーヴェンじゃないのにベートーヴェンなのか!? 時空を超えた対話が感覚をぐにゃりと曲げるような新たな “体験” 、ぜひ生で味わっていただきたい驚きです。 そして最後はピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調《皇帝》を、強靱な技巧と緻密な感性を美しく響かせる名手・若林顕を独奏に迎えて。いずみシンフォニエッタ大阪の小編成ならではの瑞々しく生きる表現力と共に、堂々たる傑作の隅まで光をあて直してゆく幸福な時間‥‥常任指揮者・飯森範親の古典から現代まで視野広くしなやかな才能が、ベートーヴェンの多彩な変貌をしっかりたっぷりお届けする定期演奏会、お聴きのがしなく! 山野雄大(音楽ライター)
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
長岡京室内アンサンブル 公演 ~結成二十年 新しい時代へ~ 1:30 PM
長岡京室内アンサンブル 公演 ~結成二十年 新しい時代へ~ いずみホール
2月 25 @ 1:30 PM
長岡京室内アンサンブル 公演 ~結成二十年 新しい時代へ~ 1997年に結成された長岡京室内アンサンブル、いよいよ結成20周年を迎えます!大阪と京都での公演、どうぞお楽しみに♪ (26日の京都公演は、有料の託児サービスがございます) 【曲 目】 L.v.ベートーヴェン/ 弦楽四重奏曲第11番ヘ短調「セリオーソ」Op.95 第1楽章 W.A.モーツァルト/カッサシオン ト長調 K.63 F.メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 (ヴァイオリン/髙木和弘) W.A.モーツァルト/ セレナード第13番ト長調 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」K.525※曲目変更のご案内、 カッサシオンK.99からK.63に変更となりました。 セレナード第13番ト長調「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」K.525が追加となりました。 【出 演】 Vn 森 悠子(音楽監督・指導) 高木和弘・谷本華子・石上真由子・長瀬大観 田中佑子・岸田謙太郎・ 大和美祈 Va 南條聖子・野澤匠 Vc 金子鈴太郎・杉本環紀 Cb 石川徹 Ob 中江暁子・須貝絵里 Hr 鈴木啓哉・海塚威生   日 時 2月25日(土) 13:30開演(12:30開場) 会 場 いずみホール (大阪市中央区城見1丁目4−70 住友生命OBPプラザビル) 料 金 A席 4,500円《指定席》 B席 一般4,000円/学生2,500円《当日指定》 ※当日は各券500円増 お取扱い ●大阪友の会(電話受付 月・火・水・金 10:00~16:00) Tel 06-6691-0559 / Fax 06-6691-9524 E-mail otomokai@pearl.ocn.ne.jp ●いずみホールチケットセンター(10:00~17:30/日・祝 休) Tel 06-6944-1188 ●認定NPO法人 音楽への道CEM(長岡京室内アンサンブル 事務局) Tel&Fax 075-351-5004 E-mail office@musiccem.org チケットのお申込はこちらからも承ります。 ※通信欄に ①公演日 ②席種 ③枚数 ④その他お席のご希望 をご明記下さい。
26
長岡京室内アンサンブル 公演 ~結成二十年 新しい時代へ~ 2:00 PM
長岡京室内アンサンブル 公演 ~結成二十年 新しい時代へ~ 京都府民ホール"アルティ"
2月 26 @ 2:00 PM
長岡京室内アンサンブル 公演 ~結成二十年 新しい時代へ~ 1997年に結成された長岡京室内アンサンブル、いよいよ結成20周年を迎えます!大阪と京都での公演、どうぞお楽しみに♪ (26日の京都公演は、有料の託児サービスがございます) 【曲 目】 L.v.ベートーヴェン/ 弦楽四重奏曲第11番ヘ短調「セリオーソ」Op.95 第1楽章 W.A.モーツァルト/カッサシオン ト長調 K.63 F.メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 (ヴァイオリン/髙木和弘) W.A.モーツァルト/ セレナード第13番ト長調 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」K.525 ※曲目変更のご案内、 カッサシオンK.99からK.63に変更となりました。 セレナード第13番ト長調「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」K.525が追加となりました。 【出 演】 Vn 森 悠子(音楽監督・指導) 高木和弘・谷本華子・石上真由子・長瀬大観 田中佑子・岸田謙太郎・ 大和美祈 Va 南條聖子・野澤匠 Vc 金子鈴太郎・杉本環紀 Cb 石川徹 Ob 中江暁子・須貝絵里 Hr 鈴木啓哉・海塚威生 日 時 2月26日(日) 14:00開演(13:30開場) 会 場 京都府民ホール”アルティ” (京都市 上京区烏丸通一条下ル龍前町590-1) 料 金 一般 4,000円 / 学生 3,000円 《全自由席》 ※当日は各券500円増 託 児 ・対 象 : 3ヶ月~小学生未満 ・時 間 : 2017年2月26日(日) 13:30~16:30 ・費 用 : お子さまお一人につき 1,500円 ・締 切 : 2月10日(金) 申込み順に20名様まで ・託児場所 : 安全のためお申込の方に直接お知らせします ・委託会社 : 株式会社アルファコーポレーション ・お申込・お問合 : NPO法人音楽への道CEM(長岡京室内アンサンブル) 075-351-5004 office@musiccem.org ※お申込はチケットご購入の方に限らせていただきます。 お取扱い ●認定NPO法人 音楽への道CEM(長岡京室内アンサンブル 事務局) Tel&Fax 075-351-5004 E-mail office@musiccem.org チケットのお申込はこちらからも承ります。 ※通信欄に ①公演日 ②席種 ③枚数 をご明記下さい。
27
28

PROFILE

高木 和弘

高木 和弘たかぎ かずひろ

ダラス室内交響楽団/コンサートマスター
一般社団法人 日本弦楽器演奏家協会/代表理事

6歳よりバイオリンを始め、国内で数々のコンクールに優勝及び入賞を果たす。
主な賞歴としては1997年度ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際コンクール入賞、1998年ジュネーヴ国際コンクール第3位(1位なし)、2001年 アメリカ・インディアナ州で行われたフィショッフ室内楽コンクールにてユーシア弦楽四重奏団の第一バイオリン奏者として第一位などが挙げられる。
国内では、2005年度文化庁芸術祭新人賞、大阪文化祭賞大賞受賞、 2007年度第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門録音作品賞を受賞と、その芸術家としての認知と評価も非常に高い。
国内外のオーケストラとのソリストとしてもこれまで大阪フィルハーモニー、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー、日本センチュリー交響楽団、東京交響楽団、ベトナム国立響、ヴュルテンベルグ・フィルハーモニーなどとの共演も多数ある。近年、日本で最高権威を誇る日本音楽コンクールの審査員としても度々招かれている。また近年、サミット・ミュージック・フェスティバル(ニューヨーク、アメリカ)など国内外の講習会などにおいても講師として招かれるなど、後進の指導にもあたっている。
これまでに和波孝禧、森悠子、エドワード・ウルフソン、エドワード・シュミーダーの各氏に師事。これまでシヴィック・オーケストラ・オブ・シカゴのコンサートマスター、ドイツのヴュルテンベルグ・フィルハーモニーの首席コンサートマスター(2002~2006)、東京交響楽団コンサートマスター(2007~2012)、山形交響楽団ソロ・コンサートマスター(2006~2013)等を経て現在、長岡京室内アンサンブルメンバー、ダラス室内交響楽団コンサートマスター(ダラス、アメリカ)、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダー、A Hundred Birds, tokyo.pandaのバイオリニストとしても演奏活動を展開中。
また、一般社団法人日本弦楽器演奏家協会の代表理事も務める。

Long version

大阪に生まれる。これまでに和波孝禧、森悠子、エドワード・ウルフソン、エドワード・シュミーダーの各氏に師事。
6歳よりバイオリンを始め、国内で数々のコンクールに優勝及び入賞を果たし、大阪で最も古い歴史と伝統を誇る大阪府立北野高等学校を卒業後渡仏。リヨン高等音楽院に学び、1994年に首席で卒業。
1995年渡米し南メソディスト大学に学ぶ。その後も2000年より文化庁派遣芸術家在外研修員としてシカゴのルーズベルト大学に在学。
主な賞歴としては1997年度ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際コンクール入賞、1998年ジュネーヴ国際コンクール第3位(1位なし)、2001年アメリカ・インディアナ州で行われたフィショッフ室内楽コンクールにてユーシア弦楽四重奏団の第一バイオリン奏者として第一位などが挙げられる。
国内では、2005年度文化庁芸術祭新人賞、大阪文化祭賞大賞受賞、 2007年度第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門録音作品賞を受賞と、その芸術家としての認知と評価も非常に高い。
近年は音楽のジャンルの壁を飛び越えての活動もめざましく、DJ YOKU率いるクラブ系サルソウルオーケストラ、A Hundred Birdsのバイオリン奏者として、またヒップホップのキーボーディスト、タケウチカズタケ氏とのユニットtokyo.pandaのバイオリンとしてもシーンを沸かせている。FUKUOKA LOVE & COLLECTIONやBANANA REPUBLICのショー等、ファッションショーでの出演も数多い。
国内外のオーケストラとのソリストとしてもこれまで大阪フィルハーモニー、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー、日本センチュリー交響楽団、東京交響楽団、ベトナム国立響、ヴュルテンベルグ・フィルハーモニーなどとの共演も多数ある。
コンサートマスターとしてもダニエル・バレンボイム率いるシヴィック・オーケストラ・オブ・シカゴのコンサートマスター、ドイツのヴュルテンベルグ・フィルハーモニーの首席コンサートマスター(2002~2006)、東京交響楽団コンサートマスター(2007~2012)、山形交響楽団ソロ・コンサートマスター(2006~2013)等を経て、現在は国内外の様々なオーケストラから多くの出演の依頼がある。
室内合奏の分野においても恩師森悠子女史率いる長岡京室内アンサンブルでの経験を活かし、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダーとしても活動を展開中である。またサミット・ミュージック・フェスティバル(ニューヨーク)など国内外の講習会にも講師として招かれ、後進の指導にもあたっている。近年、日本で最高権威を誇る日本音楽コンクールの審査員としても度々招かれている。
現在、長岡京室内アンサンブルメンバー、ダラス室内交響楽団コンサートマスター(アメリカ)、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダー、A Hundred Birds, tokyo.pandaのバイオリニストとしても演奏活動を展開中。
また、一般社団法人日本弦楽器演奏家協会の代表理事も務める。

English

Kazuhiro TAKAGI

Kazuhiro Takagi was born in Osaka, Japan and has studied music under Takayoshi Wanami, Yuko Mori, Eduard Wulfson and Eduard Schmieder.

Having started playing the violin at the age of six, he has ever won a number of awards including some grand prizes in a series of music competitions in Japan. After graduating from Kitano High School with the longest history and traditions in Osaka Prefecture, he left for France to study at Conservatoire National Superieur Musique de Lyon and graduate with the highest grades in 1994.

Kazuhiro Takagi studied music further at Sothern Methodist University in 1995 and Roosevelt University Chicago College of Performing Arts in 2000 via Program of Overseas Study for Upcoming Artists organized by Agency for Cultural Affairs of Japan.

The history of his major awards and honors includes winning a prize at Queen Elisabeth Music Competition in Brussels for 1997, the third prize at Geneva International Music Competition in 1998 (no first prize was awarded for the year) and the first prize as the first violinist of "eusia string quartet" at Fischoff National Music Competition in Indiana State, USA for 2001.

Kazuhiro Takagi has been very widely recognized and highly evaluated as an excellent artist in Japan as well, including his winning the National Arts Festival New Artist Award sponsored by Agency for Cultural Affairs and the Osaka Cultural Festival Grand Prize in 2005 and the Recorded Work Award, Audio Category at the 19th Music Pen Club Japan in 2007.

In recent years, he has been performing well beyond the boundaries of his original music career as a violinist of "A Hundred Birds," house music orchestra band, led by DJ YOKU and "tokyo.panda," a music unit with a hip-hop keyboardist, Kazutake Takeuchi, while making a new wave in the Japanese music arena. Kazuhiro Takagi also frequently performs at fashion and apparel show events such as Fukuoka Love & Collection and Banana Republic Show.

As an active soloist, he has ever played with a number of domestic and overseas orchestras including Osaka Philharmonic Orchestra, Osaka Symphony Orchestra, Kansai Philharmonic Orchestra, Japan Century Symphony Orchestra, Tokyo Symphony Orchestra, Vietnam National Symphony Orchestra and Wuerttembergische Philfarmonie Reutlingen in Germany.

Having served as a concertmaster of Civic Orchestra of Chicago conducted by Daniel Barenboim and a solo concertmaster of Wuerttembergische Philharmonie Reutlingen in Germany, Kazuhiro Takagi has been offered to perform by a number of orchestras all over the world such as a concertmaster of Tokyo Symphony Orchestra (2007~2012), a solo concertmaster of Yamagata Symphony Orchestra (2006~2013).

For a chamber music domain, as well, based on his experience of performance at Nagaokakyo Chamber Ensemble in Kyoto conducted by Yuko Mori, who has been one of his music masters, he has been a leader of Lilis Chamber Orchestra. Additionally, he has been a faculty member of master classes all over the world such as Summit Music Festival (New York ,USA).

In recent years, Kazuhiro Takagi has been invited for several times to judge at the Music Competition of Japan, which is supposed to be the very highest standard of classical music competition in Japan.

Currently Kazuhiro Takagi has been actively performing as a member of Nagaokakyo Chamber Ensemble in Kyoto, the concertmaster of Dallas Chamber Symphony Orchestra (USA) ,a member of Izumi Sinfonietta Osaka, a leader of Lilis Chamber Orchestra and a violinist of "A Hundred Birds" and "tokyo.panda."

CD

【THIS IS LOVE】

tokyo.panda 【THIS IS LOVE】

1st mini alb.

1,500円
WEB絶賛通販中!
通販、ライブ会場、渋谷Flying Booksのみ販売)

【池野成:ラプソディア・コンチェルタンテ 石井眞木:アフロ・コンチェルト】

オクタヴィア・レコード 【池野成:ラプソディア・コンチェルタンテ 石井眞木:アフロ・コンチェルト】

オーケストラ・ニッポニカ第6弾アルバム。強烈に放たれる音響エネルギー!
池野成/ラプソディア・コンチェルタンテ
石井眞木/アフロ・コンチェルト
阿部加奈子/指揮
野平一郎/指揮
高木和弘/ヴァイオリン
菅原淳/パーカッション
オーケストラ・ニッポニカ/管弦楽

2,500円
WEB絶賛通販中![通販

【高木和弘 パガニーニ:24のカプリス 作品1】

ナミ・レコード 【高木和弘 パガニーニ:24のカプリス 作品1】

ヴァイオリン音楽の究極美を追求!

2,500円
WEB絶賛通販中![通販][cdJapan

PAGE TOP