Kazuhiro Takagi Violinist

© Photo by Takeshi Yagi

CONCERT CALENDAR

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
Dallas Chamber Symphony 8:00 PM
Dallas Chamber Symphony MOODY PERFORMANCE HALL
10月 17 @ 8:00 PM
The season opens with an UnSilent screening of one of the greatest silent era films ever made – Buster Keaton’s The General. Inspired by the Great Locomotive Chase (a true Civil War story), this action-adventure-comedy is sure to send you home smiling. Composer Douglas Pipes whose credits include Trick or Treat and Krampus, has written an original score, which the orchestra will perform live-to-screen. Richard McKay, conductor Douglas Pipes, composer Kazuhiro Takagi,concertmaster Dallas Chamber Symphony
18
19
20
21
22
23
24
25
26
いずみホール音楽講座 作曲家・西村朗が案内するクラシック音楽の愉しみ方VIII「華麗なる変奏」 7:00 PM
いずみホール音楽講座 作曲家・西村朗が案内するクラシック音楽の愉しみ方VIII「華麗なる変奏」 いずみホール
10月 26 @ 7:00 PM
●出演者 西村 朗(作曲家・いずみシンフォニエッタ大阪音楽監督) いずみシンフォニエッタ大阪メンバー 高木和弘(ヴァイオリン)、小谷口直子(クラリネット) 伊藤朱美子(マリンバ)、碇山典子(ピアノ) ●演奏曲目 ヴィターリ:シャコンヌ パガニーニ:≪うつろな心≫による序奏と変奏曲 op.38 (ジョヴァンニ・パイジェッロの歌劇≪水車小屋の娘≫の主題による) ベートーヴェン:トルコ・マーチによる変奏曲 西村朗:アリラン幻想曲 リスト:超絶技巧練習曲 第6番 イ短調「主題と変奏」 ウェーバー:変奏曲 変ロ長調 op.33 一柳慧:パガニーニ・パーソナル マリンバとピアノのための <聴きどころ> いずみシンフォニエッタ大阪音楽監督の作曲家・西村朗が、軽妙なお話と豊かな知識でクラシック音楽の魅力や聴き方をお伝えする「いずみホール音楽講座」の第8弾。いずみシンフォニエッタ大阪メンバーの高クオリティの演奏と親しみやすくためになるお話で人気のシリーズです。 8回目のテーマは「変奏」。各曲のテーマがどの様に形を変えて奏でられているのか、作曲家ならではの目線で大解体します。今回は自身の人気作品もテーマに取り上げます。ご期待ください。
27
28
29
30
31

PROFILE

高木 和弘

高木 和弘たかぎ かずひろ

ダラス室内交響楽団/コンサートマスター
一般社団法人 日本弦楽器演奏家協会/代表理事

6歳よりバイオリンを始め、国内で数々のコンクールに優勝及び入賞を果たす。
主な賞歴としては1997年度ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際コンクール入賞、1998年ジュネーヴ国際コンクール第3位(1位なし)、2001年 アメリカ・インディアナ州で行われたフィショッフ室内楽コンクールにてユーシア弦楽四重奏団の第一バイオリン奏者として第一位などが挙げられる。
国内では、2005年度文化庁芸術祭新人賞、大阪文化祭賞大賞受賞、 2007年度第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門録音作品賞を受賞と、その芸術家としての認知と評価も非常に高い。
国内外のオーケストラとのソリストとしてもこれまで大阪フィルハーモニー、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー、日本センチュリー交響楽団、東京交響楽団、ベトナム国立響、ヴュルテンベルグ・フィルハーモニーなどとの共演も多数ある。近年、日本で最高権威を誇る日本音楽コンクールの審査員としても度々招かれている。また近年、サミット・ミュージック・フェスティバル(ニューヨーク、アメリカ)など国内外の講習会などにおいても講師として招かれるなど、後進の指導にもあたっている。
これまでに和波孝禧、森悠子、エドワード・ウルフソン、エドワード・シュミーダーの各氏に師事。これまでシヴィック・オーケストラ・オブ・シカゴのコンサートマスター、ドイツのヴュルテンベルグ・フィルハーモニーの首席コンサートマスター(2002~2006)、東京交響楽団コンサートマスター(2007~2012)、山形交響楽団ソロ・コンサートマスター(2006~2013)等を経て現在、長岡京室内アンサンブルメンバー、ダラス室内交響楽団コンサートマスター(ダラス、アメリカ)、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダー、A Hundred Birds, tokyo.pandaのバイオリニストとしても演奏活動を展開中。
また、一般社団法人日本弦楽器演奏家協会の代表理事も務める。

Long version

大阪に生まれる。これまでに和波孝禧、森悠子、エドワード・ウルフソン、エドワード・シュミーダーの各氏に師事。
6歳よりバイオリンを始め、国内で数々のコンクールに優勝及び入賞を果たし、大阪で最も古い歴史と伝統を誇る大阪府立北野高等学校を卒業後渡仏。リヨン高等音楽院に学び、1994年に首席で卒業。
1995年渡米し南メソディスト大学に学ぶ。その後も2000年より文化庁派遣芸術家在外研修員としてシカゴのルーズベルト大学に在学。
主な賞歴としては1997年度ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際コンクール入賞、1998年ジュネーヴ国際コンクール第3位(1位なし)、2001年アメリカ・インディアナ州で行われたフィショッフ室内楽コンクールにてユーシア弦楽四重奏団の第一バイオリン奏者として第一位などが挙げられる。
国内では、2005年度文化庁芸術祭新人賞、大阪文化祭賞大賞受賞、 2007年度第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門録音作品賞を受賞と、その芸術家としての認知と評価も非常に高い。
近年は音楽のジャンルの壁を飛び越えての活動もめざましく、DJ YOKU率いるクラブ系サルソウルオーケストラ、A Hundred Birdsのバイオリン奏者として、またヒップホップのキーボーディスト、タケウチカズタケ氏とのユニットtokyo.pandaのバイオリンとしてもシーンを沸かせている。FUKUOKA LOVE & COLLECTIONやBANANA REPUBLICのショー等、ファッションショーでの出演も数多い。
国内外のオーケストラとのソリストとしてもこれまで大阪フィルハーモニー、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー、日本センチュリー交響楽団、東京交響楽団、ベトナム国立響、ヴュルテンベルグ・フィルハーモニーなどとの共演も多数ある。
コンサートマスターとしてもダニエル・バレンボイム率いるシヴィック・オーケストラ・オブ・シカゴのコンサートマスター、ドイツのヴュルテンベルグ・フィルハーモニーの首席コンサートマスター(2002~2006)、東京交響楽団コンサートマスター(2007~2012)、山形交響楽団ソロ・コンサートマスター(2006~2013)等を経て、現在は国内外の様々なオーケストラから多くの出演の依頼がある。
室内合奏の分野においても恩師森悠子女史率いる長岡京室内アンサンブルでの経験を活かし、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダーとしても活動を展開中である。またサミット・ミュージック・フェスティバル(ニューヨーク)など国内外の講習会にも講師として招かれ、後進の指導にもあたっている。近年、日本で最高権威を誇る日本音楽コンクールの審査員としても度々招かれている。
現在、長岡京室内アンサンブルメンバー、ダラス室内交響楽団コンサートマスター(アメリカ)、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダー、A Hundred Birds, tokyo.pandaのバイオリニストとしても演奏活動を展開中。
また、一般社団法人日本弦楽器演奏家協会の代表理事も務める。

English

Kazuhiro TAKAGI

Kazuhiro Takagi was born in Osaka, Japan and has studied music under Takayoshi Wanami, Yuko Mori, Eduard Wulfson and Eduard Schmieder.

Having started playing the violin at the age of six, he has ever won a number of awards including some grand prizes in a series of music competitions in Japan. After graduating from Kitano High School with the longest history and traditions in Osaka Prefecture, he left for France to study at Conservatoire National Superieur Musique de Lyon and graduate with the highest grades in 1994.

Kazuhiro Takagi studied music further at Sothern Methodist University in 1995 and Roosevelt University Chicago College of Performing Arts in 2000 via Program of Overseas Study for Upcoming Artists organized by Agency for Cultural Affairs of Japan.

The history of his major awards and honors includes winning a prize at Queen Elisabeth Music Competition in Brussels for 1997, the third prize at Geneva International Music Competition in 1998 (no first prize was awarded for the year) and the first prize as the first violinist of "eusia string quartet" at Fischoff National Music Competition in Indiana State, USA for 2001.

Kazuhiro Takagi has been very widely recognized and highly evaluated as an excellent artist in Japan as well, including his winning the National Arts Festival New Artist Award sponsored by Agency for Cultural Affairs and the Osaka Cultural Festival Grand Prize in 2005 and the Recorded Work Award, Audio Category at the 19th Music Pen Club Japan in 2007.

In recent years, he has been performing well beyond the boundaries of his original music career as a violinist of "A Hundred Birds," house music orchestra band, led by DJ YOKU and "tokyo.panda," a music unit with a hip-hop keyboardist, Kazutake Takeuchi, while making a new wave in the Japanese music arena. Kazuhiro Takagi also frequently performs at fashion and apparel show events such as Fukuoka Love & Collection and Banana Republic Show.

As an active soloist, he has ever played with a number of domestic and overseas orchestras including Osaka Philharmonic Orchestra, Osaka Symphony Orchestra, Kansai Philharmonic Orchestra, Japan Century Symphony Orchestra, Tokyo Symphony Orchestra, Vietnam National Symphony Orchestra and Wuerttembergische Philfarmonie Reutlingen in Germany.

Having served as a concertmaster of Civic Orchestra of Chicago conducted by Daniel Barenboim and a solo concertmaster of Wuerttembergische Philharmonie Reutlingen in Germany, Kazuhiro Takagi has been offered to perform by a number of orchestras all over the world such as a concertmaster of Tokyo Symphony Orchestra (2007~2012), a solo concertmaster of Yamagata Symphony Orchestra (2006~2013).

For a chamber music domain, as well, based on his experience of performance at Nagaokakyo Chamber Ensemble in Kyoto conducted by Yuko Mori, who has been one of his music masters, he has been a leader of Lilis Chamber Orchestra. Additionally, he has been a faculty member of master classes all over the world such as Summit Music Festival (New York ,USA).

In recent years, Kazuhiro Takagi has been invited for several times to judge at the Music Competition of Japan, which is supposed to be the very highest standard of classical music competition in Japan.

Currently Kazuhiro Takagi has been actively performing as a member of Nagaokakyo Chamber Ensemble in Kyoto, the concertmaster of Dallas Chamber Symphony Orchestra (USA) ,a member of Izumi Sinfonietta Osaka, a leader of Lilis Chamber Orchestra and a violinist of "A Hundred Birds" and "tokyo.panda."

CD

【THIS IS LOVE】

tokyo.panda 【THIS IS LOVE】

1st mini alb.

1,500円
WEB絶賛通販中!
通販、ライブ会場、渋谷Flying Booksのみ販売)

【池野成:ラプソディア・コンチェルタンテ 石井眞木:アフロ・コンチェルト】

オクタヴィア・レコード 【池野成:ラプソディア・コンチェルタンテ 石井眞木:アフロ・コンチェルト】

オーケストラ・ニッポニカ第6弾アルバム。強烈に放たれる音響エネルギー!
池野成/ラプソディア・コンチェルタンテ
石井眞木/アフロ・コンチェルト
阿部加奈子/指揮
野平一郎/指揮
高木和弘/ヴァイオリン
菅原淳/パーカッション
オーケストラ・ニッポニカ/管弦楽

2,500円
WEB絶賛通販中![通販

【高木和弘 パガニーニ:24のカプリス 作品1】

ナミ・レコード 【高木和弘 パガニーニ:24のカプリス 作品1】

ヴァイオリン音楽の究極美を追求!

2,500円
WEB絶賛通販中![通販][cdJapan

PAGE TOP